こんにちは。カトウです。

 

梅雨ですね。

じめじめしてますね。

急に、

なぜ梅雨っていうんだろうって思ったので調べてみました!

 

 

梅雨の意味と由来

→「梅雨」に「梅」の漢字が使われた由来は、中国にあるといわれています。

中国の揚子江周辺では梅の実が熟す頃が雨期にあたり、そのことから「梅」の字を使うようになったとされているのです。
ただ、中国から伝わったときは「梅雨(つゆ)」ではなく、「梅雨(ばいう)」として伝わったそうです。

 

「梅雨」という漢字を「ばいう」ではなく「つゆ」と読むようになった由来は?

→まずひとつめが、「露(つゆ)」から派生した「梅雨(つゆ)」という説です。 6月~7月にかけては雨がたくさん降ります。

すると木々に露がつくことから「梅雨(つゆ)」というようになった、という説があります。

ふたつめは、熟した梅の実が潰れることから「潰ゆ(つゆ)」という説です。
梅の実の成長には雨の存在が欠かせません。6月の初旬はまだ実が硬くても、下旬には収穫を終えることがほとんどです。

そのため、熟して潰れる時期でもあることから「潰ゆ(つゆ)」が「梅雨(つゆ)」になったという説があります。

 

 

だそうです。

へー(-。-)y-゜゜゜

 

あと1か月も梅雨が続くの嫌ですね( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さわやか画像見て

乗り切ろおおおおおおーーーー(^^)/