お問い合わせ
ヒト由来プラセンタには、
様々な薬理作用があることが証明されています。

 

  • 自律神経調整作用(自律神経を調整する)
  • 内分泌調整作用(ホルモンを調整する)
  • 免疫賦活作用(病気に対する抵抗力を高める)
  • 基礎代謝向上作用(基礎代謝を盛んにし、細胞や器官・臓器の働きを活性化する)
  • 活性酸素除去作用(活性酸素を除去し、酸化を防ぐ)
  • 抗炎症作用(炎症を抑える)
  • 創傷回復促進作用(壊れた組織の修復を促進する)
  • 精神安定作用(精神を安定させる)
  • 強肝、解毒作用(肝臓の働きを強化する)
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用(妊婦の乳汁分泌を促す)
  • 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える)
  • 体質改善作用(体質の改善を促す)
  • 血行促進作用(血液循環を良くする)
  • 造血作用(血液の生成を促す)
  • 抗突然変異作用(突然変異を抑える)
  • 血圧調整作用(血圧を調整する)
  • 疲労回復作用(疲労の回復を促す)
  • 食欲増進作用(食欲の促す)

 
これほど多くの効果が見込めるうえに、ケミカルな医薬品に一般的にみられる副作用が認められていない成分は、プラセンタを除いてほかにないと言えます。
 
以上のように有用なプラセンタですが、サプリメントとして使えるのは動物由来プラセンタのみです。当社の製品は、親子三世代以上無菌状態で育った豚の胎盤を使用しています。当社商品は豚由来であり、ヒト由来ではありません。

▲